ATMでキャッシング

ATMでキャッシングするしかないとき

MENU
RSS

ATMでキャッシングするしかない…?

キャッシングといえばATMの利用が主流でしたね。銀行の口座と同じようにお金を借りることができる方法ですから、とても便利なことは間違いありません。ATMでのキャッシングは現金がすぐ手元に準備できるので、安心感が高いと感じる方も多いですね。

 

しかし、最近では現金を持ち歩かない方も増えています。電子マネー、おサイフケータイ、Suica、PiTaPaなど現金なしでの生活に困ることは少なくなってきています。各種支払いなども引き落とし、クレジットカードなどを利用されているのではないでしょうか。キャッシュレスでの生活に特に問題を感じないのであれば、キャッシングも振り込みキャッシングでの利用が便利でしょう。

 

ネットなどで自分の銀行口座に必要金額の振り込みを受ける方法が振り込みキャッシングなのです。現金を引き出す必要がない借り入れ、例えば各種支払い時に銀行の預金残高が少なければ、振り込みキャッシングを受けてフォローするという方法も可能です。

 

このように、通常はキャッシングでは借り入れ方法も色々選ぶことができます。しかし、カードローンやキャッシングによっては、借り入れ方法が一つしかないこともあります。その方法しか利用しないなら、十分なのですが色々なキャッシングを利用する可能性が高いと考えるなら借り入れ方法が多い金融商品を選んでおいたほうがよいかもしれませんね。

 

キャッシングの利用方法が様々に広がっているのは、利用者がどのように借りたお金を使うのかということが多様化していることに原因があるでしょう。利用者によりよいサービスを提供していくことが多い消費者金融などでは、特に借り入れ方法が豊富なことが多いのです。

カードをATMに入れたのにキャッシングできない?

ちょっとお金を借りておこうと最寄りのATMに行き、キャッシングのカードを入れたのに借りられなかった、こんなことになってしまったら焦りますよね。即日キャッシングできない時にはいくつかの原因が考えられます。

 

まず、そのATMがコンビニなどだった場合、提携されていなかったということもあります。同じコンビニであってもATMの機械が違っていることもあるのです。利用できる金融機関がステッカーなどで表示されていることが多いですから、利用前に確認しましょう。また、各金融機関のウェブサイトではATMの場所などを検索できるようになっています。出先でもスマホなどで近くのATMを検索してから利用すると借りられなかったという失敗は防げるでしょう。

 

また、金融機関はメンテナンスを定期的に行っています。時間はこれもサイトなどに表記されています。利用できない時間帯を知っておくと、その前にキャッシングしておくこともできるので焦らなくてすみますね。

 

場合によっては知らないうちに追加借り入れがストップされていることもあります。これは返済遅れなどをしてしまった場合に多いのですが、限度額までにまだ余裕があっても追加で借り入れできなくなってしまっている状態です。金融機関などから特に予告なくこの状態になっていることもありますので、いざキャッシングしようとしたら借りられないということになるのです。

 

キャッシングできなかった時には、まず理由を明らかにしてそれを解決する必要がありますね。契約後はいつでも借りられるという安心感がありますが、とっさの時に借りられない状態になると困りますから、メンテナンス時間などはこまめに確認しておいたほうがよさそうです。